浜本クリニックトップページへ戻る
院長プロフィール [開業までの学会報告と論文]
HOMEに戻る
院長プロフィール
開業までの学会報告と論文
開業後の学会活動
 
●学会報告
1)第63回日本消化器内視鏡学会近畿地方会(1999)
 シンポジウム「2cm以上の広基性大腸腫瘍に対する治療方針の選択」

2)第72回日本消化器病学会近畿支部例会(2000)
 シンポジウム「早期大腸がんにおける診断・治療の現状と将来」

3)第59回日本消化器内視鏡学会総会(2000)
 パネルディスカッション「大腸上皮性腫瘍の内視鏡診断とその取り扱い」

4)第60回日本消化器内視鏡学会総会(2000)
 コンセンサスミーティング「大腸smがんにおける浸潤度分類の問題点」

5)第65回日本消化器内視鏡学会近畿地方会(2000)
 シンポジウム「消化管がん内視鏡治療の現況と展望 (下部消化管) 」

6)第55回日本大腸肛門病学会総会(2000)
 シンポジウム「大腸早期がん診療におけるEUSと拡大内視鏡の位置づけ」

7)第66回日本消化器内視鏡学会近畿地方会(2001)
 シンポジウム「内視鏡治療と長期予後 胃・腸」

8)第61回日本消化器内視鏡学会総会(2001)
 パネルディスカッション「EMRの適応と限界」

9)第68回日本消化器内視鏡学会近畿地方会(2002)
 ワークショップ「安全に行える消化管早期がんの内視鏡的治療手技

10)第64回日本消化器内視鏡学会総会(2002)
 パネルディスカッション「早期大腸がんの診断 ー現状から将来への展望」

11)第65回日本消化器内視鏡学会総会(2003)
 シンポジウム「大腸smがんの術前深達度診断とEMR後の追加腸切除の適応」

12)第65回日本消化器内視鏡学会総会(2003)
 ビデオワークショップ「内視鏡治療:偶発症防止のための手技と工夫ー大腸ー」

13)第67回日本消化器内視鏡学会総会(2004)
 ビデオシンポジウム「早期大腸がんのEMR-標準手技から先進手技まで」

14) 第70回日本消化器内視鏡学会総会(2005)
 ワークショップ「colitic cancerの早期診断を目指して」

15) 第70回日本消化器内視鏡学会総会(2005)
 シンポジウム「大腸腫瘍に対する内視鏡的切開剥離法は必要か?」

16) 第76回日本消化器内視鏡学会近畿地方会(2006)
 シンポジウム「消化管内視鏡up to date消化管」

17) 第71回日本消化器内視鏡学会総会(2006)
 シンポジウム「消化管拡大内視鏡の意義 下部消化管」

18) 第48回日本消化器病学会大会(2006)
 パネルディスカッション「大腸のEMRとESDの標準化」

19) 第78回日本消化器内視鏡学会近畿地方会(2007)
シンポジウム「大腸腫瘍に対するスネア外科と内科の接点ー側方発育型腫瘍を中心にー」
●主要論文

1)大腸がんのX線像
 総合臨床(永井書店)(1996)

2)大腸腫瘍に対する内視鏡的粘膜切除術の適応と限界 ー深達度と形態と大きさについて
 早期大腸がん(日本メディカルセンター) 1998

3)大腸腫瘍に対するEUSの実際.EMRの適応決定におけるEUSの有用性と限界.
 早期大腸がん(日本メディカルセンター) 1999

4) Inhibition of DSS-induced colitis in mice by intracolonically administered antibodies against adhesion molecules.
 Clin Exp Immunol 1999

5)大きな(2cm以上)ポリープの取り扱い.内視鏡治療の適応と手技.
 治療方針決定のための(質および)深達度診断 3)EUSを中心に
 早期大腸がん(日本メディカルセンター) 2000

6)早期大腸がんの深達度診断におけるEUSの有用性.
 胃と腸(医学書院) 2001

7)大腸がんの内視鏡治療 IIa型,顆粒集簇型(IIa集簇型)
 治療学 2002

8) 絶対浸潤距離からみた大腸smがんに対する術前深達度診断能.
 消化器科(科学評論社) 2003

9) EUSによる大腸smがんの深達度診断
 消化器の臨床(ヴァンメディカル) 2003

10)ワンポイントアドバイス大腸内視鏡検査法
 日本メディカルセンター 2004

11)局所遺残からみた大腸広基性腫瘍に対するEMRの適応と再発予防
 大腸早期がんに対する内視鏡治療後の再発
 消化器科(科学評論社) 2004

12)大腸smがんにおける浸潤度の臨床診断精度 超音波内視鏡検査を中心に
 胃と腸(医学書院) 2004

13) 内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像(下部消化管)
 日本メディカルセンター 2005

14) Subtle villous changes detected at endoscopy in patients with inflammatory bowel disease
 Digestive Endoscopy 2005

15) Colitic cancer
 日本メディカルセンター 2006

▲ページのTOPへ
Copyright (C) 2011 hamamoto clinic All Rights Reserved.